面接で大切な3つのポイント【長野県 高校前期選抜】

面接で大切な3つのポイント【長野県 高校前期選抜】

こんにちは、まつがく大町教室の田村です。

いつもなら大町は雪が積もる季節なのですが、この前は珍しく雨が降りました。

この冬は暖冬ですねぇ…大町はスキー場など雪関連産業も多いので心配です。

豪雪地帯で知られる新潟県南魚沼市も今年は雪が少なく、70年続いている雪まつりが初めて中止になったり夏のオリンピックの暑さ対策に使う予定だった雪の確保が難しくなったりと厳しい状況を迎えています。

1/21 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20200120/k00/00m/040/234000c

 

そんな冬らしくない日々ですが、中3生にとっては受験がだんだん近くなってきている毎日ですね(゚ω゚)

長野県の公立高校前期選抜は2/10、約3週間後に迫ってきました。

前期選抜といえば……そう、面接ですね。

面接で大切なことは服装・立ち振る舞い・話す内容など沢山ありますが、今回はその中でも私が特に大切だなと感じている3つのポイントについてお伝えします。

 

お辞儀の後も試験官と目線を合わせよう!

入室の際、緊張は極限まで高まっていると思います。声は大きく、志望理由は…など色々と考えてしまい、つい先の行動を急ぎがちです。

そんな時に大切なのは、お辞儀の前だけでなく後も試験官と目線を合わせることです。

みんなが面接試験をしっかり頑張ろう!と思う気持ちも、伏し目がちで歩いてしまうと、試験官には「緊張しているな」くらいしか伝わらないかもしれません。

着席してからは目を見続けると逆に緊張してしまうので鼻や口元を見る感じですが、最初と最後のお辞儀の前後は面接官の目を見て、気持ちを伝えられるようにしましょう!

 

ゆっくり、強弱をつけて話そう!

面接では緊張したり、しっかり話さなきゃ!と意気込むあまり、早口になりがちです。

しかし早口すぎるといつも通りに言葉が出てこなくて余計焦るだけでなく、「その話の中で何が一番大切なのか」「どこを一番強調したいのか」が面接官に伝わりにくくなってしまいます。

面接も会話です。面接官に自分の話している内容を受け取ってもらえるようにしましょう。

ポイントは「ゆっくりすぎるかな?」と思うほどゆっくりで大丈夫!ということです。本番は緊張しているので、それくらいゆっくりした方がいいペースで話せます(`・ω・)ゞ

 

文章で覚えていかないようにしよう!!

志望理由や中学校で頑張ったこと、最近気になるニュースなど、面接でよく質問されることに対してみんなそれぞれ準備をしていると思います。

その中でやりがちなのが、質問への答えを文章で暗記しようとすることです。

ちゃんと答えられるようにしよう!と思う気持ちはよく分かります。頑張って覚えてきたんだなとも思います。

しかし、途中で忘れてしまった時に頭が真っ白になって黙ってしまったり、ただ文章を言うことだけに集中してしまって、みんなの気持ちが面接官に伝わらないのは本当に勿体ないことです。

必要なのは、「こんなことを話そう」というキーワードです。

そのキーワードをしっかり心に留めて、細かいことは決めずに面接に臨んだ方がリラックスして受験できます!

 

 

受験に対して不安なこと、たくさんあるかもしれません。

不安や弱音は人に話すと楽になることもあります。どんなことでもまつがくの先生たちに相談してみてください(*・ω・)ノ

そしてまつがくの教室では面接練習も実施中!学校での練習に+して経験を積みましょう!!

要予約なのでお早めに(b゚v`*)

 

こちらの記事もおすすめです!

面接試験ってどんなことを質問されるの?【長野県高校入試】

前期選抜とは? 前編【長野県高校受験2020年度用】

前期選抜とは?後編【長野県高校受験2020年度用】

前期選抜倍率分析と万が一不合格だった場合の考え方【長野県高校入試】

お友達と共有しよう!