2019年度出題傾向と対策:英語編🔠【長野県高校受験】

2019年度出題傾向と対策:英語編🔠【長野県高校受験】

こんにちは!個別指導塾まつがくの阿由葉(あゆは)です。

 

 

5時限目 英語

英語は5教科の中で最も得点層が分かれる教科で、できる生徒とできない生徒にはっきり分かれます。長文や文法はもちろん、リスニングや英作文など、対策は多岐にわたります。

 

 

問1 リスニング 20点

傾向:例年通りの出題でした。会話文、自己紹介文、グラフの説明などを正しく聴き取る力が求められます。

対策:ALTの授業やCDを利用して、普段からネイティブの発音やスピードに慣れておくのが有効です。

 

 

問2 会話文・英作文 30点

傾向:対話文問題+英作文(条件・自由)2問で定着している印象。ここであまり時間をとられると残りの長文2題まで手が回らなくなるので注意しましょう。

対策:会話文の練習は必須です。また英作文も短いものでいいので普段から慣れておきましょう。

 

 

問3 長文(インタビュー文)26点

傾向:2018年度に続きインタビュー文でした。出題形式も変わらず、10語以内で自分の意見を書く英作文も出題されました。

対策:形式はここ数年安定しませんが、比較的会話形式が多いようです。毎日長文問題に触れるようにしましょう。

 

 

問4:長文(説明文)24点

傾向:2017年度と同じく「伝記」での出題。記号選択や単語を書く単純な形式で、純粋に英文読解力が試されました。

対策:ここで時間的が足りなくなることが多いです。長文はとにかく「慣れ」が大切。スピードと正確さを意識しながら長文を読むトレーニングをしておきましょう。

 

 

他の教科はこちらからどうぞ。

国語:2019年度出題傾向と対策:国語編📖【長野県高校入試】

数学:2019年度出題傾向と対策:数学編🔢【長野県高校入試】

社会:2019年度出題傾向と対策:社会編🌏【長野県高校入試】

理科:2019年度出題傾向と対策:理科編💡【長野県高校入試】

SHARE