入試過去問活用法【長野県公立高校入試】

入試過去問活用法【長野県公立高校入試】

こんにちは!個別指導塾まつがくの阿由葉(あゆは)です。

この記事では「長野県高校入試過去問の活用法」をご紹介します。

3学期の今から始めても後期選抜には間に合いますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

まずはペース配分のトレーニングと習熟度の確認

本番でのペース配分の感覚をつかむため、必ず時間を計りながら解きましょう。

ここでは時間が足りなくなりがちな国語、数学、英語について、目安を載せておきます。

想定よりも1分程度短く設定して練習しておくと、本番で緊張した場合も安心です。

 

【国語】

大問1(論説文):18分
大問2(意見文): 4分
大問3(古文) :10分
大問4(漢字) : 1分
大問5(小説) :16分
見直し     : 1分

補足:1時限目の教科です。取り組みやすい分、ペース配分はしっかり行いましょう。ひとつの問題にあまり時間をかけすぎず、わからなかったら後回しにします。特に漢字は他の問題を解いている間に思い出すことがあります。

 

【数学】

作戦① 平均点である50~60点台を狙う場合

大問1(小問) :14分
大問2(中問) :15分
大問3(関数) :10分
大問4(図形) :10分
見直し     :1分

補足:大問1、2で約60点分、まずはそれを確実に取ります。大問3、4は前半の基礎問題のみと割り切り、各10分で10点ずつ取ります。

 

作戦② 数学が得意で高得点を狙う場合

大問1(小問) :10分
大問2(中問) :12分
大問3(関数) :13分
大問4(図形) :14分
見直し     :1分

補足:大問1、2はあまり時間を掛けずに解き、差が付きやすい大問3、4をじっくり取り組みます。

 

【英語】
・大問1(リスニング) :10分
・大問2(会話・英作) :12分
・大問3(会話長文)  :14分
・大問4(説明長文)  :13分
・見直し        : 1分

補足:英語は5教科の中でペース配分が最も重要な教科です。大問3、4は記号問題が多いため、コツを掴むと素早く解け、時間短縮になります。

 

 

解いた後にやるべきこと

過去問を解き終えたら必ず見直しをし、解けなかった問題を「時間が足りず解けなかった問題」「時があっても解けなかった問題」に分けて考えましょう。

 

「時間がなくて解けなかった問題」が多い場合はペース配分を調整しましょう。

「時間があっても解けなかった問題」は本番では少しでも解けるように「その問題が含まれる単元の復習」をしましょう。

 

当たり前ですが、過去問からは同じ問題は二度と出題されません。

しかし同じ単元からの出題はあるかもしれません。

また、「数学の大問3での(1次)関数」のように、毎年出題されることがほぼ確定しているものもあります。

 

 

まとめ

入試問題は今までの総合テストと形式が違う部分もありますので、最初は思うような点数がとれないかもしれません。

しかし、演習を繰り返してペース配分と問題形式に慣れることで、高得点の可能性が高まります。(長野県公立高校後期選抜の5教科平均は例年260点前後です)

そのため、できれば過去5年間分は解いておきたいところです。

毎日2教科取り組めば一か月掛かりません。

入試本番でベストな結果を手に入れるために、ぜひ過去問を活用してください。

 

こちらの記事もおすすめです!

2019年度出題傾向と対策:国語編📖【長野県高校受験】

2019年度出題傾向と対策:数学編🔢【長野県高校受験】

2019年度出題傾向と対策:社会編🌏【長野県高校受験】

2019年度出題傾向と対策:理科編💡【長野県高校受験】

2019年度出題傾向と対策:英語編🔠【長野県高校受験】

お友達と共有しよう!