私立高校併願のメリットとデメリット【長野県高校受験】

私立高校併願のメリットとデメリット【長野県高校受験】

こんにちは!個別指導塾まつがくの阿由葉(あゆは)です。

 

この記事はこのような方に役に立ちます。

・公立高校を第一志望としている方

・私立高校の併願を検討している方

・私立高校併願のメリット、デメリットを知りたい方

 

 

私立高校を併願するメリット

①安心感が得られる

「万が一後期選抜で不合格になっても行く高校がある」という事実は安心感に繋がります。

余計なことを考えず、第一志望へ向けて勉強に集中できます。

 

また、中学校の進路指導の基準は「浪人を出さない」ことですので、併願をしない生徒に対してはどうしても慎重になります。(良し悪しではなく、立場による判断基準の違いです。)

そのため、より安全圏の高校への志望変更(ランク下げ)を勧めたくなるのが人情なのですが、これも併願をすることで避けられます。

併願は、志望校合格へ向けて一緒に頑張ってくれる学校の先生にとっても「安心感」に繋がるという事ですね。

 

②試験慣れ、本番慣れができる

試験への取り組み方はもちろん、受験会場の雰囲気に慣れることができます。

本番前に同様の環境を体験できるのは大きいです。

 

私立高校を併願するデメリット

①お金がかかる

実際に入学する場合はもちろん、そうでない場合も受験料(2万円前後)や入学金(12万円前後)が掛かります。

 

【参考】2020年4月より私立高校の授業料が実質無償になります。適用条件等はこちらをご参照ください。

私立高校授業料無償化🏫【長野県高校入試2020年度用】

 

②労力が増える

私立高校は入試問題が異なりますので、学校別の対策が必要です。

学校によっては面接の練習も必要になります。

そして、当たり前ですが不合格になる可能性もありますので、それも踏まえて準備をしなければなりません。

 

③(お子さんのタイプによっては)緊張感がなくなる

お子さんのタイプによっては併願校へ合格する事で緊張感が切れ、本番へのモチベーションが下がってしまうことがあります。

 

私立高校併願に関する所見

最近は長野県でも私立併願が珍しくなくなってきました。

個人的にはいわゆる「進学校」を受験するお子さんには基本的に併願を勧めています。

現時点で具体的な受験校が決まっていない場合は尚更です。

そういったタイプのお子さんは、併願をしなかったことで徐々に後期選抜へのプレッシャーが高まり、最終的に元々の第一志望校を諦めてしまうケースがあるためです。

 

受験料や入学金は結構な出費ですが、お子さんの将来を左右する事を考えると「必要経費(保険)」とも捉えられます。

いずれにしても受験の選択肢が広がるのは間違いありませんので、もし事情が許すのであれば検討してみてはいかがでしょうか。

 

まつがくでは随時進路相談を受け付けております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

東北信地区の私立、市立高校関連の記事へのリンクです。参考にしてみてください。長野俊英高校の記事も後日アップします。

長野県高校紹介①~長野日大高校・中学~

長野県高校紹介②~市立長野高校・中学~

長野県高校紹介③~上田西高校~

長野県高校紹介④~長野清泉女学院~

長野県高校紹介⑤~文化学園長野高等学校~

長野県高校紹介⑦~佐久長聖高校~

私立高校入試の仕組み【長野県高校入試】

SHARE