入学志願者第2回予定数調査と予想倍率【長野県高校入試2020年度】

入学志願者第2回予定数調査と予想倍率【長野県高校入試2020年度】

こんにちは!個別指導塾まつがくの松本です。

 

2020年1月8日に長野県教育委員会より入学志願者第2回予定数調査の結果が発表されました。

今回はその結果を基に第一通学区(北信)、第二通学区(東信)について考察をします。

(注)あくまでも2020.1.17時点での考察です

 

第一通学区(北信地区)

中野立志館、松代、坂城は高倍率に?

2020年度は中野立志館、北部、須坂東、松代(普)、坂城の定員が40人減となっています。

しかし現時点では中野立志館、松代、坂城の志願予定者数が前年より増えているため、この3校は最終倍率が高くなる可能性があります。

 

市立長野高校 募集定員減の影響は?

市立長野高校は中等部の一期生が高1に持ち上がりになるため、募集定員が前年160名→今年110名と減っています。

その影響か志願予定者数も前年比-51名(212名→161名)なっています。

 

長野日大、長野吉田、長野西の関連性

例年以上に長野日大高校を第一志望とする生徒が多く、生徒層が被る長野吉田の志願者が減っています。

同じく生徒層が被る長野西高は前年よりも志望者が増えています。

 

長野工業は志願者数増

長野工業は前年比+51名(216名→267名)。

前年は学科再編により7学科から6学科となったことで志願者が減りましたが、今年はそれが元に戻ったとも言えるでしょう。

 

長野高校と長野東高校は志願者減

長野と長野東はともに志願者が40名ほど減っています。

長野吉田もそうですが、この3校は3年連続で志望者が減少しています。

これは安全志向の表れかと思われます。

 

飯山高校、須坂高校は「地元回帰志向」

飯山高校や須坂高校はここ数年減少傾向でしたが、今年は回復しています。

近年、都市部の高校に人気が集中し不合格者が多く出た結果、安全志向や地元回帰志向が高まっているのだと思います。

この「地元回帰志向」は第一通学区全体で見られます。

 

第二通学区(東信地区)

上田染谷高校・上田東高校・上田千曲高校が人気

第二通学区では第一通学区とは逆に都市部に人気が集中しています。

これは立地が「長野〇〇高校」は比較的郊外であるのに対し、「上田〇〇高校」は市街地であることが関係していると思われます。

中でも特徴的なのは上田染谷・上田東高校の人気が高いこと。

染谷は前年度も1.2倍と高倍率でしたが、更に今年は前年比+26名となっています(普通科+国際教養科)

上田東も前年比+26名なので、この2校は最終倍率も高くなるでしょう。

上田千曲も相変わらず人気です。

 

小諸佐久方面から上田方面への流入

小諸佐久地区では、野沢北高校が前年比+26名となっているものの、岩村田・野沢南・佐久平総合・小諸は減少傾向にあります。

この分は上田方面への流出と見ていいでしょう。

 

望月高校募集停止の影響

蓼科高校は志願者が64人と過去4年間で最高となっています。

望月高校が前年度より募集を停止した影響と考えられます。

 

全体的な「安全志向」

上田高校の志願予定数は前年比-34名です。

これは過去4年間で一番少ないので、今年の上田高校は比較的敷居が下がるでしょう。

全体的にみると長野高校、上田高校といったいわゆる地域トップ校の志願者が減り、須坂・屋代・野沢北・長野西・上田染谷等が増えているのが今年の特徴です。

それだけ受験生の安全志向が高まっているということではないでしょうか。

 

予想最終倍率

最後に、過去のデータを基に算出した予想最終倍率を掲載します。

あくまでも「予想」ですので、参考程度にお使いください。

※予想倍率が1倍以上の高校のみ掲載しています。

 

高校名:2020年度定員/志願予定数(第2回)/予想受験者数/予想最終倍率

飯山(普):60/106/64/1.06

中野立志舘:100/184/112/1.12

須坂東:112/121/120/1.08

須坂:240/270/257/1.07

須坂創成(農):60/121/60/1.00

長野:280/343/295/1.05

長野西(普):200/289/242/1.21

長野西(国):4/15/4/1.00

長野商業:120/247/126/1.05

長野工業(全):120/267/147/1.23

市立長野:125/161/148/1.18

長野南:140/196/149/1.06

篠ノ井:240/266/258/1.07

更科農業(全):80/171/86/1.07

松代(普):48/65/55/1.15

松代(商):40/47/41/1.03

屋代(普):240/270/240/1.00

屋代(理数):12/38/26/2.13

屋代南(普):56/60/57/1.02

屋代南(家):20/44/21/1.04

坂城:56/64/59/1.06

上田:320/412/324/1.01

上田染谷(普):240/333/296/1.23

上田染谷(国) 8 35 12 1.46

上田東:280/332/321/1.15

上田千曲(商):20/32/22/1.10

上田千曲(家):40/118/51/1.26

丸子修学館:120/192/122/1.02

蓼科:40/64/48/1.21

小諸商:80/169/88/1.10

佐久平(農):60/125/65/1.08

野沢北(普):160/196/173/1.08

野沢北(理数):4/50/12/2.99

 

こちらの記事もおすすめです

国立大(信大)へ現役合格できるのは学年何位まで?【長野県受験情報】

面接試験ってどんなことを質問されるの?【長野県高校入試】

私立高校併願のメリットとデメリット【長野県高校受験】

入学志願者予定数の正しい見方【長野県高校受験2020年度用】

高校入試全体の傾向と背景【長野県高校受験2020年度用】

前期選抜倍率分析と万が一不合格だった場合の考え方【長野県高校入試】

お友達と共有しよう!