【上田しおだ野教室】国語辞典活用法

【上田しおだ野教室】国語辞典活用法

こんにちは!

まつがく上田しおだ野教室長の葦沢です。

 

みなさんはスポーツ観戦は好きでしょうか?

私はバレーボールの試合を観るのが趣味なんです♪

 

今ワールドカップバレーが始まっているのですが、とても観ていて楽しいし、勝ったり負けたりすると自分の気持ちも浮き沈みしちゃうのですがそれもいいところです・・・笑

(ちなみにバレーボールをすること自体は腕が痛くなるのであまり好きではありません笑)

 

さて、話がそれましたが最近知って面白かったことを話そうかと思います。

 

某テレビ番組で最近の小学生の勉強法を見ました。

 

国語辞典。

小学生のころはみなさんもよく使っていたかと思うのですが、その活用法がとても参考になりました(`・ω・’)

毎日国語辞典の好きなページを開いて「自分が知っている単語に付箋を付けていく」ということを宿題としている学校があるそうです。

 

私は小学生のころまったく真逆のことをしていたので、どうしてだろうと思ったのですが。。。

知っている単語に付箋を付けることによって「自分がこれだけ知識を持っているんだ」という事が目に見え、モチベーションにつながるそうです!

そのため、子どもたちも自分から進んで国語辞典を引くようになったそうです。

 

確かに、わからない・知らない知識がたくさん目に見えるより断然いいなと思いました。

だとすれば、たとえば問題集を解いたとき、わからない問題に印をつけるよりも解けた問題に印をつけたほうがいいかもしれません!

ぜひ試してみてください☆